...Marco と音楽...

 

akamawa
Marco は、オランダのシンガーソングライター、起業家、デザイナー、音楽プロデューサーであり、
現在オランダのツァイスト (ユトレヒト) に住んでいます。
 オランダ南部の町ベストに生まれ、両親と妹とともにオランダとベルギーの各地で暮らし、
14 歳でスペインに、16 歳で香港に、18 歳で一人暮らしをするためにヨーロッパに戻るまで、2 
年間の間隔を保ちながら過ごしました (フランス)。

幼い頃からヴァイオリンとピアノのレッスンを受けていた彼にとって、音楽は常に重要なものでした。
彼は左利きで、13 歳になるまでヴァイオリンをやめ、独学でギターを弾くようになるまで、
特にヴァイオリンの先生とは多少苦労していました。
「ヴァイオリンは弱虫のためのものであり、ギターだけがクールだと友達全員が私に確信させたからです。」
 6 か月も経たないうちに、マルコは「Tilt」という名前のガレージ バンドに参加しました。
この人気バンドは現在も活動を続けています
香港では、マルコは「The Dregs」にリズムギタリストとして参加し、
数年後、フランスで「Lyrique」という新しいバンドを結成しました。
マダガスカル出身の 2 人の友人と一緒に、リード シンガー兼リズム ギタリスト兼ベース 
ギタリストとして活動しています。

「今日でも、ベースとリズムの両方を同時に演奏する方法を世界でまったく知りませんでしたが、
なんと素晴らしいダブルネックでした。
20年後に彼女を大金で売りましたが、それでも彼女を売り払ったような気分で、
その瞬間を今でも後悔しています。」
The Dregs - Hong Kong
The Dregs - Hong Kong 1979

 

Lyrique - France
Lyrique - France 1980
Lyrique France 2
Lyrique - FR
マルコがフランスを離れてスペインとポルトガルに向かったのは、またもや 2 年後のことでした。
フットウェアのキャリアに専念するため、音楽制作を完全にやめ、
彼の前の彼の父と祖父のように。
最初はフリーランスの靴製造スーパーバイザーとして、後に子供用靴のデザイナーとして成功を収める
彼は世界中のさまざまな場所に住み、働いていました。
 イタリア、スペイン、ポルトガル、フランス、ブラジル、アメリカ、中国、インドネシア、
台湾がその中にあります。
「私は80年代に再びオランダに住んでいました…ええ、あなたはそれを推測しました、
2年……またはそれはちょうど1年でしたか?」

国際的なフットウェアからスペインの不動産会社への短いキャリア転換の後、
彼はオランダに戻りました。
「超ハイアップと超ローダウンを詰め込んだバックパックとポケットに276ユーロ、
オランダのパスポート、帰りのチケットはありません。
ロッテルダムに到着したのは 10 年以上前のことですが、まるで昨日のことのように感じます。
 これは良いことだと思います。なぜなら、自分がどこから来たのかを思い出させてくれるからです。
特に私が行くことができる場所の」。
音楽に何が起こったのかと尋ねられたとき、彼は次のように答えています。
失ったと思っていたものすべてを再建するのに本当に忙しかった。
私は自分自身をとても気の毒に思い、怒ったり悲しんだりしました。
メルセデス・ベンツのカブリオ、暖炉のある寝室が4つある家、
明らかに必要ではなく、余裕がなかったすべてのもの。
一度食べたら物足りないのでもっと欲しくなりました。もっと。お酒も同じ。
常により多く、決して十分ではありません。

ある瞬間、私は自分の人生を本当に「生きていた」のではなく、いわば「
生き残っていた」ことに気づきました。
それで私は生きていくために、実質的、さらには抜本的な変化を自分自身に強いました。
文字通り。だから私はそれらの変化を一度に、またはもちろん一日でではなく、
多くの人々の助けを借りて徐々に変えました.
MAWA Re- and Upcycling
MAWA Re- and Upcycling 2011
My old & new violins
Marco's old & new violins
Marco piano gig
Lyrique - FR
ヴァイオリンとギターを買って、また弾き始めました。私はすでに詩を書いていましたが、50 
歳の誕生日に詩を歌に変えることにしました。
「ムーンライト」と呼んでインターネット ブログに投稿したところ、
数か月後にインターネット ラジオで「ムーンライト」が流れていました。
面白いことに、私が子供の頃に演奏したバイオリンは、40 年前に手放すまで、
スペイン、極東、フランスに行きました。
それから 30 年後、「ムーンライト」をレコーディングした頃、
あのヴァイオリンが私の元に戻ってきました。実話!
とにかく、私は曲を書き続け、文字通りチャリティーを通じて人々のためにギグを始めました。
私のすべてのギグ収益の少なくとも 20%、時にはそれ以上、
時にはすべてが今日でもさまざまな慈善団体に寄付されます。
 音楽を自分のために取っておくと、効果がなく、力がないことに気づきました。
音楽の力は、それがつながることです。
もちろん、それは私を人々と結びつけますが、私を周りのすべてと結びつけます。
それは私を根拠とします。
音楽は「どこか」、例えばユニバースからの贈り物であり、
それを伝える前に何かをする必要があると私は信じています。
私がその贈り物を受け取らないことを選択した場合は、何もしないでください。
私は根拠がなく、断絶し、満足できず、不幸になります。
それくらい私にとって音楽は重要です。それは私が自由になることができるように私を抑制します。
また、それほど重要なことではありませんが、音楽によって、デザイン、
起業家精神、教育などの他の活動においてバランスを保つことができます。」
Marco & Toto enjoying music
Marco & Toto enjoying music
Gig in Spain (recent)
Gig in Spain (recent)
MUSICA by AkAMAWA
MUSICA by AkAMAWA

 


Video file
...trying out my new custom-built one-of-a-kind Flying V2 'Hellraiser'...
in my opinion: SECOND-BEST GUITAR EVER!
 

 

 

Marco's Recent Songs:

GO TO COMPLETE DISCOGRAPHY

Video file

 Soundcheck at charity-gig for Habitat for Humanity (Helmond- Netherlands, Nov. '22)

Ik Hou Steeds Meer Van Jou

60% of this song’s proceeds (media+streaming+downloads+album sales) go to Alzheimer’s & MS cure-research 

Ik Hou Steeds Meer Van Jou BRC donations InsideOut Productions

Alzheimer Brain Research Center - Amsterdam/ Netherlands